Concept

Structure

工法・構造

安心・安全な快適な住まいの実現

A+Houseでは耐震等級・省エネルギー対応ともに最高等級を掲げ、
安全で快適な住まいを実現します。

エープラスハウスの基礎工事

Spec01

基礎工事 〜耐震はまず足元から〜

詳細を見る

基礎工事には「布基礎」と「ベタ基礎」がありますが、エープラスハウスでは「ベタ基礎」を標準仕様に採用。「布基礎」に比べ、地震に強い基礎を実現しました。地震時の揺れによる変形に耐える強固な基礎を実現し、建物を足元からしっかり支えます。もちろん、安心の耐震等級3取得基礎です。さらに、立ち上がりとベタ基礎打継部分には止水プレートを使用、防湿・防蟻対策により、湿気や白蟻を防いで住まいの耐久性をアップしました。環境や人に優しく、しかも効果的な工法で耐震性と耐久性を実現しています。

  • エープラスハウスの基礎工事 ベタ基礎
  • エープラスハウスの基礎工事 細かく全体に敷き詰められた鉄筋
    細かく全体に敷き詰められた鉄筋
  • エープラスハウスの基礎工事
エープラスハウスの耐震構造

Spec02

耐震構造 〜地震に強い家造り〜

詳細を見る

強固な構造を採用しても、全体のバランスが悪いと地震などの衝撃にもろい構造になってしまう危険性があります。平成28年に発生した熊本地震を機に、耐震性、耐震等級が重視されるようになりました。エープラスハウスでは、自由設計の為一棟一棟構造計算を実施し、全棟耐震等級3(※)という最高等級です。 ※お客様のご希望される間取り等により耐震等級3認定が取得できない場合もあります。

耐震等級について

エープラスハウスの耐震等級について エープラスハウスの耐震等級について
エープラスハウスの在来軸組工法+剛床工法

Spec03

在来軸組工法+剛床工法 〜強力な床剛性で家族を守る家〜

詳細を見る

エープラスハウスでは柱や梁で支える『在来軸組工法』を採用しております。さらに一般的に24mm厚の構造パネルのところを28mm厚の構造用パネルを使用し、梁を接合して一体化した「剛床構造」です。地震や台風などの横から加わる力(水平荷重)を分散させる強固な構造を実現しました。これにより従来工法の床と比べて約3倍の強度を確保しました。

従来工法の約3倍の
強度の「剛床構造」

エープラスハウスで採用している従来工法の約3倍の強度の「剛床構造」 エープラスハウスで採用している従来工法の約3倍の強度の「剛床構造」
エープラスハウスの快適な室内空間

Spec04

快適性 〜遮熱性を高め快適な室内空間〜

詳細を見る

夏は日差しにより、屋根・屋根直下の天井は高温状態となり、日没後も室内への熱放射が続き、エアコン等が効きにくい原因になります。また、冬は暖房で暖めた空気が冷やされるなど、屋根裏の対策は非常に重要になってきます。エープラスハウスでは、アルミを特殊技術で蒸着させた特殊シートで輻射熱(赤外線)を約85%反射して屋根裏を遮熱する、「透湿・遮熱シート」を採用。室内の温度が外気温に左右されにくい、快適な住まいを実現します。

  • エープラスハウスの透湿・遮熱シートの施工事例1
  • エープラスハウスの透湿・遮熱シートの施工事例2
  • エープラスハウスの透湿・遮熱シートの施工事例3
エープラスハウスの省エネ対策

Spec05

断熱性 〜省エネ等級5相当でお財布にも優しい〜

詳細を見る

「現場吹き付け断熱」を標準採用。隙間なく断熱材が行き届くことにより、屋外の騒音や屋内から外への音漏れ、上下階の生活音の抑制など、高い吸音性能も発揮します。さらに省エネ等級5相当(※)で日々の電気代等の節約にも期待できます。もちろんZEH対応も可能(別途申請が必要)です。 ※お客様のご希望される間取り等により省エネ等級5認定が取得できない場合もあります。
※省エネ等級5を取得する場合、設備機器等を指定させていただく場合があります。

  • エープラスハウスの省エネ対策 現場吹き付け断熱事例1
  • エープラスハウスの省エネ対策 現場吹き付け断熱事例2
  • エープラスハウスの省エネ対策 現場吹き付け断熱事例3